DK-Power

SCROLL

NEWS 最新情報

  • 富山県上田子配水池でマイクロ水力発電機を据付け2021-05-19

    富山県上田子配水池マイクロ水力発電所の工事のようす

    2021年4月16日の記事で工事の開始をお伝えしておりました富山県上田子配水池マイクロ水力発電所でマイクロ水力発電機の据付け工事を行いました。

    上田子配水池でのマイクロ水力発電所の工事

    マイクロ水力発電機は、上田子配水池の流入弁室内に設置しました。

    流入弁室へのマイクロ水力発電機の取り付け前後

     -

    発電機が、既設の流量調整弁をバイパスする形で設置されました。発電機の設置位置上田子配水池流入弁室へのマイクロ水力発電機据付

    システム制御盤も据付けました。

    上田子配水池マイクロ水力発電所 システム制御盤

    2021年度上期の発電開始の計画に対し、順調に工事が進んでいます。

    ⇒ 『富山県上田子配水池マイクロ水力発電所』関連記事へ
  • 神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所は3年経過2021-05-14

    神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所は運転開始から3年経過

    神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所の外観です。発電機は、流入弁地下ピットに設置されています。

    神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所外観

    上流の平田配水池から藤原配水場へ水が流入する際の余剰エネルギーを使って発電しています。

    神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所の概要とようす

    3年経過での発電状況

    神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所の月別発電量の推移です。これまでに約400MWhの電力が生み出されました。今後も引き続き低炭素化に貢献してまいります。

    神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所の発電量推移

    ⇒ 『神戸市藤原配水場マイクロ水力発電所』関連記事へ
  • 接続契約(刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所)2021-05-10

    刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所での系統電力網との接続契約

    刈谷市一ツ木配水場で導入を進めているマイクロ水力発電所では、中部電力パワーグリッド株式会社への接続申請を進めておりました。(電気事業法の改正に伴い、2020年4月に中部電力株式会社が行ってきた一般送配電事業は、中部電力パワーグリッド株式会社に移管されています。)

    このたび、接続申請が無事認められ、接続契約および工事費負担金に関する通知が届きました。

    刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所の接続契約

    接続契約の次は、事業計画認定申請へ進みます。

    事業計画認定取得フロー

    刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所は、2021年上期中の発電開始を目指しております。

    ⇒ 『刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所』関連記事へ  
  • 富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所は試運転中2021-05-06

    富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所が竣工し、試運転中です

    富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所は設置工事を完了し、試運転を開始しています。上流の上原減圧水槽から金剛東配水池に流入する水の余剰圧力(落差)を利用して発電を行っています。

    金剛東配水池マイクロ水力発電所の概要

    上原減圧水槽から金剛東配水池までの総落差45m、流入流量320~400㎥/hを利用しています。既存の流入調整弁をバイパスする流路を新たに設け、マイクロ発電システムを設置しました。

    流入弁室内に設置したマイクロ水力発電システムです。

    流入弁室内の金剛東配水池マイクロ水力発電所

    マイクロ水力発電機です。金剛東配水池マイクロ水力発電所のマイクロ水力発電機

    システム制御盤です。

    金剛東配水池マイクロ水力発電所のシステム制御盤

    発電状況です。17kW程度で発電されております。

    金剛東配水池マイクロ水力発電所の試運転発電状況

     年間約118MWhの発電量を予定しております。

    金剛東配水池マイクロ水力発電所は、SDGs未来都市に選定されている富田林市において、上原減圧水槽マイクロ水力発電所に次いで2カ所目の水道施設でのマイクロ水力発電所となります。

    今後、富田林市様のセレモニーを経て、本格稼働を開始いたします。

    ⇒ 『富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所』関連記事へ  
  • 事業計画認定取得(富山県上田子配水池マイクロ水力発電所)2021-05-01

    固定買取価格制度を活用するには、経済産業省の「事業計画認定」が必要です

    「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(以下、FIT法)」を活用し売電を行う場合、経済産業省から再生可能エネルギー発電設備についての設備認定を受ける必要がありました。2017年(平成29年)4月に行われたFIT法の改正施行に伴い、新たに事業認定としての要件が加わったため、従来の「設備認定」に代わり「事業計画認定」を取得することになっています。

    「事業計画認定」の取得フローは

    経済産業省から「事業計画認定」を取得するには、送配電事業者(電力会社)との「接続契約」の締結が認定に先立ち必要となっています。まずは、送配電事業者(電力会社)との協議を行い、送配電事業者(電力会社)に接続申込を行います。 先に「接続契約」が締結されないと「事業計画認定」の取得ができず、事業計画認定を受けた日付で売電単価が確定するため、「事業計画認定」が取得できないと、売電単価・調達期間が決まりません。 次に「事業計画認定」の申請を行います。2019年4月1日以降は、「事業計画認定」の申請時に「接続契約書」の提出が必須となっています。(2019年4月1日以前では、「事業計画認定」申請後の提出も認められていました。)

    事業計画認定取得フロー

    富山県上田子配水池マイクロ水力発電所の事業計画認定がおりました

    すでに工事に着工している富山県上田子配水池マイクロ水力発電所ですが、上記手続きにより事業計画認定をいただきました。

    上田子配水池マイクロ水力発電所事業計画認定

    富山県上田子配水池マイクロ水力発電所は、2021年度上期の発電開始予定です。

    ⇒ 『富山県上田子配水池マイクロ水力発電所』関連記事へ