DK-Power

大阪のデザインマンホール(3) >その他

大阪のデザインマンホールのご紹介(3回目)

 泉佐野市のマンホールをご紹介します。中央に泉佐野市の公式キャラクターである”イヌナキン”を配しています。周囲には、市の木であるイチョウと銀杏をデザインしています。”イヌナキン”は、公募作品から選定したものをキン肉マンでおなじみの漫画家・ゆでたまご先生がリライトしたそうです。”イヌナキン”という名前は、泉佐野の温泉で有名な「犬鳴(いぬなき)」という地名からのものです。

泉佐野市マンホール

 高石市は、松原で有名な浜寺公園があり、かつて銘木「羽衣の松」があったそうです。そこで羽衣天女伝説にちなんで天女をデザインしています。

箕面市は、名所の箕面大滝と紅葉をデザインしています。箕面大滝は、日本の滝百選にも選ばれています。

高石市と箕面市のマンホール大阪のデザインマンホールの紹介記事1回目へ

大阪のデザインマンホールの紹介記事2回目へ

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,