DK-Power

砺波市上中野配水場マイクロ水力発電所は、稼働30ヵ月

砺波市上中野配水場マイクロ水力発電所について

上中野配水場マイクロ水力発電所では、砺波広域圏事務組合・松島浄水場から砺波市・上中野配水場内の配水池への送水における余剰エネルギーを活用し、発電を行っています。

上中野配水場マイクロ水力発電システム

浄水場から配水池までの有効落差は約41m、流量は10000㎥/日です。最大発電電力は26.6kWで、年間230MWhの発電量が期待されます。

上中野マイクロ水力発電所のようす

30ヵ月経過での発電状況

上中野配水場マイクロ水力発電所は、2017年3月から稼働しています。稼働から30カ月が経過しました。これまでの総発電量は580MWhとなり、想定通りの発電量が得られています。電力のCO2排出係数を0.000518(t-CO2/kWh)とした場合、300トンのCO2削減に寄与したことになります。

上中野マイクロ水力発電所の発電状況(30ヵ月)

⇒ 上中野配水場マイクロ水力発電所に関する記事はこちら

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,