DK-Power

水道施設での発電|富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所を設置いたします

地域の未利用エネルギーを活用し、環境貢献

富田林市様と当社は、富田林市水道施設の上原減圧水槽において配水池間を結ぶ送水管の高低差を利用したマイクロ小水力発電事業の協定を締結しました。

『民間活力を活用した富田林市施設の利用により、地域社会におけるマイクロ水力発電を実施し、エネルギーの有効活用を進めることを目的とする』 ものです。

日野浄水場からの落差で発電

富田林市には、大阪府河内長野市の滝畑ダムから取水された水が供給されています。滝畑ダムから日野浄水場に導かれた後、富田林市内の配水池へ送水されます。その途中で送水配管への負担を減らすため、上原減圧水槽が設けられています。

上原減圧水槽で、一旦水の持つエネルギーを捨てることになりますので、そのエネルギーを用いて発電を行います。日野浄水場から上原減圧水槽までの落差は39mで、流量は平均800㎥/hですので、40~45kWの発電が期待できます。

上原減圧水槽でのマイクロ水力発電設置位置

上原減圧水槽でのマイクロ水力発電システムの構成

日野浄水場から上原減圧水槽に流入する手前でバイパス管を設けて、マイクロ水力発電システムを設置いたします。

上原減圧水槽マイクロ水力発電システム

当社は富田林市様より上原減圧水槽施設の場所を一部借り受け、当社費用負担によるマイクロ水力発電設備の設置およびマイクロ水力発電事業運営を行います。富田林市様へは、売電による収益の分配を行います。

今年度中の竣工~発電開始を目指します。

 

 

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,