DK-Power

淡路調整池マイクロ水力発電所の工事ー発電用管路

既設配管の切断

過去記事(「淡路調整池マイクロ水力発電所の工事」)の一番最後において、地下ピット内で発電機を設置する配管の防護コンクリート撤去を行ったことを報告しておりました。

発電機設置管路切断前

この真ん中の配管を切断し、マイクロ水力発電機を取り付けます。作業箇所は、地下ピット内の下図赤線部分です。

淡路調整池での配管工事位置

切断の様子です。下の写真の真ん中に見える四角穴は、発電機用基礎を打つためのものです。

淡路調整池 配管切断

発電機設置用管路の敷設

配管接続用のフランジを溶接しました。溶接部には、X線検査も実施し、欠陥がないことを確認しました。

淡路調整池 配管フランジ溶接

続いて、発電機とつなぐための配管を取り付けました。今後この配管の先に発電機、流量計、電動弁を取り付けます。

 配管接続

マイクロ水力発電機を地下弁室ピット内に搬入しました。

淡路調整槽の発電機搬入

配管の状況です。発電機を取り付けるのが写真中央の管で、左側がバイパス管となります。

工事は、計画通り進んでおり、3月発電開始予定です。

⇒ Next 「淡路調整池マイクロ水力発電所の工事ー発電機据付」へ

 

 

 

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,