DK-Power

SCROLL

NEWS 最新情報

  • 事業計画認定取得(刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所)2021-07-26

    固定買取価格制度を活用するには、経済産業省の「事業計画認定」が必要です

    「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(以下、FIT法)」を活用し売電を行う場合、経済産業省から再生可能エネルギー発電についての「事業計画認定」を受ける必要があります。

    「事業計画認定」の取得フローは

    経済産業省から「事業計画認定」を取得するには、送配電事業者(電力会社)との「接続契約」の締結が認定に先立ち必要となっています。まずは、送配電事業者(電力会社)との協議を行い、送配電事業者(電力会社)に接続申込を行います。 先に「接続契約」が締結されないと「事業計画認定」の取得ができません。 接続契約が締結されれば、「事業計画認定」の申請を行います。

    事業計画認定取得フロー

    刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所の事業計画認定がおりました

    上記手続きを行い、刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所の事業計画認定をいただきました。

    一ツ木配水場マイクロ水力発電所事業計画認定

    刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所は、すでに工事を開始しております。

    一ツ木配水場マイクロ水力発電所は工事を開始

    刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所は、2021年度中の発電開始予定です。

    ⇒ 『刈谷市一ツ木配水場マイクロ水力発電所』関連記事へ
  • テレビ大阪で紹介(東大阪市水走配水場マイクロ水力発電所)2021-07-21

    テレビ大阪『やさしいニュース』にて東大阪市水走配水場マイクロ水力発電所が紹介

    テレビ大阪『やさしいニュース』の取材がありました。既存インフラである水道施設を活用したマイクロ水力発電の事例として東大阪市水走配水場マイクロ水力発電所の稼働ようすが撮影されました。

    東大阪市水走配水場マイクロ水力発電所

    東大阪市水走配水場マイクロ水力所 撮影のようす

     2021年7月22日 に放映されました。マイクロ水力発電についてわかりやすく説明いただいています。

    https://cdn.tv-osaka.co.jp/yasashii/news/

    動画⇒ 「 水道局で発電?マイクロ水力発電とは 」

  • 豊中市野畑配水場マイクロ水力発電所が発電開始2021-07-16

    豊中市野畑配水場マイクロ水力発電所が発電開始しました

    2020年10月1日に豊中市上下水道局において基本協定締結式を行い、設置を進めておりました野畑配水場マイクロ水力発電所が竣工し、発電を開始しました。

    野畑配水場マイクロ水力発電所の外観です。

    豊中市野畑配水場マイクロ水力発電所の外観

    野畑配水場マイクロ水力発電所は、上流の浄水池から野畑配水場内配水池へ自然流下する際の水の余剰圧力を有効活用して発電を行います。

    野畑配水場マイクロ水力発電所の概要

    野畑配水場内の配水池手前の既設流量調整弁をバイパスする形で、当社の22kWクラス発電機を2台並列設置しました。

    マイクロ水力発電機は、地下ピット内に収納しました。

    豊中市野畑配水場マイクロ水力発電所の地下ピット内

     野畑配水場マイクロ水力発電所は、野畑配水場内配水池への受水圧0.30~0.34MPaおよび流入流量633㎥/h(平均)を活用し、年間233MWhの発電量を生み出す予定です。年間約82トンの二酸化炭素排出量削減に貢献することになります。

    豊中市様は、内閣府より2020年度「SDGs未来都市」に選定されており、環境問題に熱心に取り組まれております。その一環として豊中市上下水道局様が掲げられている「環境にやさしい事業の展開」に貢献できるよう、当社は 野畑配水場マイクロ水力発電所の安定運用に努めてまいります。

    ⇒ 『豊中市野畑配水場マイクロ水力発電所』関連記事へ

  • 読売新聞で紹介(寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電所)2021-07-14

    寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電事業が読売新聞で紹介されました

    2021年7月10日の読売新聞大阪面において、楠根配水場でのマイクロ水力発電事業が『上水道施設でミニ発電』と題して紹介されました。

    寝屋川市さまから「これまで無駄にしていた再生可能エネルギーを活用し、二酸化炭素の排出量削減に貢献できれば」とコメントいただいています。

    楠根配水場マイクロ水力発電所のようす

    2020年12月の試験運用開始以降の月別発電量(kWh)の推移です。2021年6月までで270MWhを発電しております。

    楠根配水場マイクロ水力発電所の発電量推移

    当社としましても、寝屋川市さまの環境取組に寄与できるよう、楠根配水場でのマイクロ水力発電所の安定運用に努めてまいります。

    ⇒ 『寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電所』関連記事へ
  • 東海ポンプ場マイクロ水力発電所の工事が完了2021-07-12

    東海市東海ポンプ場マイクロ水力発電所の据付工事が完了しました

    東海市東海ポンプ場マイクロ水力発電所のようすです。配水池の横に地下ピットを設け、発電システムを設置しました。

    東海ポンプ場マイクロ水力発電所のようす

    発電機などを収納する地下ピットとシステム制御盤です。この発電所では2台の発電機が稼働するためシステム制御盤も2台用意されます。 東海ポンプ場マイクロ水力発電所 地下ピットとシステム制御盤

    地下ピットにおける発電機等の据付けのようすです。

    東海ポンプ場マイクロ水力発電所の発電機室内

    現在、試運転に入っております。

    ⇒ 『東海ポンプ場マイクロ水力発電所』関連記事へ