DK-Power

水道施設での発電|寝屋川市楠根配水場にマイクロ水力発電所を導入いたします >事例紹介

寝屋川市楠根配水場にマイクロ水力発電を導入します

寝屋川市は、大阪府の東北部にあり、人口約23万人の中核市です。

このたび寝屋川市様より、既存インフラを利用した環境貢献に対するご理解をいただき、楠根配水場にマイクロ水力発電を導入することとなりました。

寝屋川市の位置

“寝屋川市環境基本計画″ では、めざすべき環境像を
『水と緑が奏でる、やさしさと循環のあるまち・ねやがわし』と定め、
基本目標として、
■循環型社会実現に向けた仕組みづくりをするまち
■みんなが地球にやさしい行動を実践するまち
を掲げられています。実現に向けては、市民・事業者・行政の3者が、自らの責任で、相互理解を深めながら、パートナーシップによって取組みを展開していくことが重要とされています。
今回の楠根配水場マイクロ水力発電所の導入決定は、上記の理念に沿ったものです。

楠根配水場マイクロ水力発電所は、大阪広域水道企業団から寝屋川市楠根配水場に流入する水の余剰圧力を利用して発電いたします。当社は水道施設の場所を一部借り受け、当社費用負担によるマイクロ水力発電設備の設置およびマイクロ水力発電事業運営を行います。売電した収益の一部を寝屋川市様に還元いたしますとともに、二酸化炭素排出量の削減と環境負荷軽減に貢献してまいります。

楠根配水場マイクロ水力発電の概要

楠根配水場は、大阪広域水道企業団から受水した水道水を、寝屋川市内南部及び西部に配水しています。

今回のマイクロ水力発電は、受水池手前に設けられた受水弁のバイパス管部に設置いたします。

寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電所概要

設置予定箇所の写真です。

寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電所外観

 2018年度実績で、流入流量は1710㎥/h(最大)で、流入圧力は45~54mです。
年間発電量は、約450MWhを想定しております。

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,