DK-Power

水道施設での発電|長岡京市東配水池にマイクロ水力発電所を導入いたします >事例紹介

長岡京市東配水池にマイクロ水力発電を導入します

京都府の長岡京市様では、2009年4月に『“ 環境の都 ” 長岡京市環境都市宣言』を行い、市民と企業、諸団体と行政が協働して“環境の都”長岡京の実現を目指し、さまざまな取組みを進めてこられました。

その一つの取組みとして、2017年9月には当社との間で『再生可能エネルギー導入(小水力発電)共同事業に関する協定』を締結し、長岡京市北ポンプ場にマイクロ水力発電を導入させていただきました。2018年3月竣工から順調に稼働を続けております。

このたび、長岡京市様においては、2件目となる東配水池へのマイクロ水力発電の導入を決定いただきました。

長岡京市東配水池マイクロ水力発電所の概要

長岡京市東配水池マイクロ水力発電所は、乙訓浄水場(京都府営水道)からの送水を東配水池で受水する際に発生する余剰エネルギーを有効活用し、発電いたします。

長岡京市東配水池マイクロ水力発電所の概要

 当社は、長岡京市様よりの東配水池の土地と建物を一部借り受け、当社負担によるマイクロ水力発電設備の設置およびマイクロ水力発電事業運営を行います。当社から長岡京市様へは、水の余剰エネルギーの使用および土地使用等に対する対価をお支払いいたします。

有効落差は24.3m、流量310㎥/hで、稼働率を勘案すると年間100MWhの発電量を生み出す予定です。

東配水池マイクロ水力発電事業に関する協定を締結

2020年8月21日に長岡京市役所において、東配水池マイクロ水力発電事業に関する協定締結式が行われました。中小路市長様からは、長岡京市での環境貢献への期待をお話しいただきました。(右側が中小路市長様です。)

長岡京市東配水池マイクロ水力発電事業協定締結式のようす

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,