DK-Power

富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所のようす >事例紹介

稼働開始から半年経過しました

富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所は、2020年4月の本格稼働から半年以上が経過しました。

上流の日野浄水場から上原減圧水槽までの総落差39mと平均流量800㎥/hを有効利用して発電しています。

富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所のようす

本格稼働から半年以上が経過し、想定通りに150MWhを超える発電量が得られています。

富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所の発電量推移

 上原減圧水槽の入り口には、富田林市がSDGsに取り組んでいる一環で当発電所が設けられていることを示す看板が設けられました。「富田林市はSDGsに取り組んでいます」の看板

今後も上原減圧水槽マイクロ水力発電所の維持管理に努め、富田林市様のSDGsに貢献してまいります。

⇒ 「富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所」関連記事へ

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,