DK-Power

矢板市寺山浄水場マイクロ水力発電所が稼働 >事例紹介

矢板市寺山浄水場マイクロ水力発電所が発電を開始しました

 2019年7月23日に矢板市役所で市長様と協定式を執り行い、設置を計画しておりました矢板市寺山浄水場マイクロ水力発電所が、いよいよ発電を開始しました。

 矢板市寺山浄水場マイクロ水力発電所は、寺山ダムからの導水を利用して発電します。マイクロ水力発電システムは、寺山浄水場の着水井手前に導入しました。

寺山浄水場マイクロ水力発電所の概要が

 矢板ダムからの導水は、写真矢印のように建屋内の着水井に入ります。発電所は、建屋内の流量調整弁室に設けました。

寺山浄水場マイクロ水力発電所への導水

写真左が、流量調整弁室内の発電システムのようすです。写真右は、屋外に設置されたシステム制御盤で、ここを通って系統電力網へ電力が流れます。

寺山浄水場マイクロ水力発電所のようす

 -

発電システムの調整を経て、発電を開始しました。

寺山浄水場マイクロ水力発電所の調整のようす

寺山浄水場マイクロ水力発電所での年間発電量は、140MWhを想定しております。電力のCO2排出係数を平成28年度全国平均係数(0.000518(t-CO2/kWh))として、年間72トンのCO2削減に貢献いたします。

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,