DK-Power

水道施設での発電|長野市上野配水池にマイクロ水力発電所を導入いたします >事例紹介

長野市上野配水池にマイクロ水力発電を導入します

?このたび、長野市上野配水池において、エネルギーの有効利用を進めることを目的とし、マイクロ水力発電を導入いただくこととなりました。長野市様では、「第二次長野市環境基本計画」において、低炭素社会の実現を目指し公共施設に対する再生可能エネルギーの導入推進を掲げられています。今回その一環として、マイクロ水力発電を導入いただくものです。

長野市上下水道局様が所有する夏目ケ原浄水場から上野配水池までの受水で発生する余剰エネルギーを活用し、当社が
自らマイクロ水力発電設備を設計・整備・運用管理し、発電事業(以下「本事業」という。)を行うものです。
長野市様からは、事業実施に必要な場所の土地及び管路を流れる水の余剰エネルギーをご提供いただきます。
発電した電気については「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法(平成23 年法律第108 号)」による「再生可能エネルギーに関する固定価格買取制度(FIT)」基づき、電気事業者に売却いたします。
売却益の一部は、長野市にお支払いいたします。

長野市上野配水池マイクロ水力発電事業の概要

夏目ケ原浄水場から上野配水池までの総落差は、約45mです。この落差により上野配水池へ流入しますが、その際の余剰エネルギーを活用し発電いたします。
上野配水池へ流入量は、6,045㎥/日です。

長野市上野配水池マイクロ水力発電の概要

上野配水池とマイクロ水力発電機を設置予定の流入弁室のようすです。

長野市上野配水池

発電出力は14kW、年間発電量は117MWhを予想しております。

当社としましては、この上野配水池マイクロ水力発電事業をとおして、長野市様の進める環境行政に寄与できるよう努めてまいります。

Copyright (C) 2017 DK-Power, LTD.,