DK-Power

SCROLL

NEWS 最新情報

  • 丹羽広域事務組合河北配水場マイクロ水力発電所が稼働2020-11-24

    丹羽広域事務組合河北配水場マイクロ水力発電所が発電を開始しました

    2020年3月3日記事にて導入をお知らせしておりました愛知県の丹羽広域事務組合河北配水場マイクロ水力発電所が試運転を完了し、いよいよ稼働を開始しました。

    丹羽広域事務組合河北配水場マイクロ水力発電所は、愛知県水の供給元である犬山浄水場から丹羽広域事務組合・河北配水場へ流入する水の余剰エネルギーを有効活用し、発電を行うものです。

    丹羽広域事務組合様からは、発電所設置のための場所と水の余剰エネルギーの提供をいただます。当社は、発電施設の計画・設計・建設・運営・維持管理等を行い、発電した電力を電気事業者へ販売いたします。電力の販売による収益の一部は、丹羽広域事務組合様へ還元いたします。

    河北配水場マイクロ水力発電所

    完成した発電機室の外観です。地下から配管を立上げ、地上に発電機室を設置しました。

    河北配水場マイクロ水力発電所の外観写真

    発電機室の内部です。

    発電機室内のようす

    河北配水場マイクロ水力発電所では、河北配水場への水の流入量580㎥/h、総落差から管損失などを引いた有効落差32.5mを活用して発電します。年間発電量は205MWhを計画しております。

     -

    丹羽広域事務組合水道部様のHPでも紹介されています。(リンクはこちら

    ⇒ 「丹羽広域事務組合河北配水場マイクロ水力発電所」関連記事へ
  • 寝屋川市楠根配水場でマイクロ水力発電機を据付け2020-11-19

    寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電所の工事のようす

    2020年10月16日付の記事でご紹介した不断水分岐工事からさらに工事が進み、マイクロ水力発電システムを設置する地下ピットが完成しました。

    楠根配水場地下ピット

    マイクロ水力発電機を据付け

    地下ピットが完成しましたので、マイクロ水力発電機や電動弁、流量計を取り付けました。

    搬入のようすです。

    楠根配水場でのマイクロ水力発電機の搬入

    マイクロ水力発電機の取り付けです。

    楠根配水場でのマイクロ水力発電機の取り付け

    マイクロ水力発電システムの地下ピット内での機器設置が完了しました。

    楠根配水場マイクロ水力発電所の状況

    このあと、電気配線の作業に入ります。

    2020年12月に試運転を開始する予定です。

    ⇒ 「寝屋川市楠根配水場マイクロ水力発電所」関連記事へ
  • 接続契約(富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所)2020-11-17

    富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所での系統電力網との接続契約

    富田林市金剛東配水池で導入を進めているマイクロ水力発電所では、関西電力送配電株式会社への接続申請を進めておりました。(電気事業法の改正に伴い、2020年4月に関西電力株式会社が行ってきた一般送配電事業は、関西電力送配電株式会社に移管されています。)

    このたび、接続申請が無事認められ、接続契約および工事費負担金に関する通知が届きました。

     富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所接続契約案内

    接続契約の次は、事業計画認定申請へ進みます。

    事業計画認定取得フロー

    富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所は、2021年上期の発電開始を目指しております。

    ⇒ 「富田林市金剛東配水池マイクロ水力発電所」関連記事へ
  • 高圧接続検討が完了(東大阪市水走配水場マイクロ水力発電所)2020-11-12

    東大阪市水走配水場イクロ水力発電所の高圧接続検討が完了

    東大阪市水走配水場マイクロ水力発電所は、発電出力が50kWを上回るため、系統と高圧接続を行います。(50kWを下回る場合は、低圧接続となります。)

    高圧接続を行う場合には、送配電会社への接続契約申込の前に、接続検討を行わなければなりません。接続検討は、低圧接続の場合は不要です。接続検討は、送配電会社へ申込み、送配電会社で有料で実施してもらいます。

    高圧案件における系統連系を行うまでの流れを示します。

    接続契約申込の流れ

    送配電会社より接続検討結果として、当社希望の発電電力に対して系統への接続可能の判断が下りました。

    接続検討回答書

     引き続き、接続契約の申し込みを行います。 技術検討を経て、接続契約案内が届けば、経済産業省への事業計画認定申請を行います。

  • 富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所のようす2020-11-05

    稼働開始から半年経過しました

    富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所は、2020年4月の本格稼働から半年以上が経過しました。

    上流の日野浄水場から上原減圧水槽までの総落差39mと平均流量800㎥/hを有効利用して発電しています。

    富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所のようす

    本格稼働から半年以上が経過し、想定通りに150MWhを超える発電量が得られています。

    富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所の発電量推移

     上原減圧水槽の入り口には、富田林市がSDGsに取り組んでいる一環で当発電所が設けられていることを示す看板が設けられました。「富田林市はSDGsに取り組んでいます」の看板

    今後も上原減圧水槽マイクロ水力発電所の維持管理に努め、富田林市様のSDGsに貢献してまいります。

    ⇒ 「富田林市上原減圧水槽マイクロ水力発電所」関連記事へ