DK-Power

SCROLL

NEWS 最新情報

  • 水道施設での発電|福島地方水道用水企業団保原第二受水池でマイクロ水力発電2022-07-04

    福島地方水道用水企業団・保原第二受水池にマイクロ水力発電を導入しました

    福島地方水道用水供給企業団・保原第二受水池において、エネルギーの有効利用を進めることを目的とし、マイクロ水力発電システムを導入しました。福島地方水道用水供給企業団さまでは、福島増圧ポンプ所に引き続き2件目の導入となります。

    福島地方水道用水供給企業団さまでは、二酸化炭素の排出削減と未利用エネルギーの有効活用を推進するため、省エネルギーや再生可能エネルギー設備の導入を進めておられます。今回の事業は、伊達市さまと協力して、すりかみ浄水場と保原第二受水池の落差による位置エネルギーを有効活用したマイクロ水力発電事業を官民連携により行うものです。

    保原第二受水池マイクロ水力発電所の概要

    すりかみ浄水場(HWL205m)から保原第二受水池(HWL140m)への送水の余剰圧力(有効落差56m)を活用して発電いたします。流量は、5,268㎥/日です。保原第二受水池マイクロ水力発電所の概要

    福島地方水道用水供給企業団保原第二受水池(伊達市新井山配水池)です。

    保原第二受水池の入り口

    保原第二受水池のようす

    マイクロ水力発電システムの設置状況です。保原第二受水池の流入弁室内に設けられています。

    保原第二受水池マイクロ水力発電システム

    年間で約136MWhの発電量を生み出す予定です。年間75トンのCO2削減に寄与します。

    2022年7月4日に開所式を行い、本格発電を開始します。

  • えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所は2年経過2022-06-29

    えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所は発電開始から2年

    えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所は、2020年6月の発電開始から2年経過しました。

    えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所は、又五郎谷水源から柿木原浄水場へ自然流下で流入する水の余剰圧力(落差)を利用して発電しています。

    えびの市柿木原浄水場でのマイクロ水力発電

    えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所1

    えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所2

    2020年6月以降の月別の発電量推移です。水源からの水は、浄水場への流入と残りが農業水路へ分岐されています。当初、農業水路へ流れる水は、発電所手前で分岐されていましたが、発電量を増やすため、流路の見直しを行い、発電所を通過してから農業水路へ流れるように改造を行いました。これにより流量が長時間安定するようになりました。結果、2021年5月からは発電量が上昇しております。

    えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所の発電量推移

    柿木原浄水場マイクロ水力発電所では、発電開始以降、320MWhの発電量が得られています。

    当社は、今後もマイクロ水力発電所の安定運用に努め、えびの市様の二酸化炭素排出量の削減と環境負荷軽減に貢献してまいります。

    ⇒ 『えびの市柿木原浄水場マイクロ水力発電所』関連記事へ

  • 岸和田市HPで紹介(光明配水場マイクロ水力発電所)2022-06-24

    岸和田市HPでマイクロ水力発電の設置について紹介

    2022年6月14日記事にて「光明配水場マイクロ水力発電所が発電開始」と紹介しました。 岸和田市さまのHPでも、当社との官民連携による発電開始が紹介されています。

    開所式における岸和田市長さまの見学のようすとコメントも紹介されています。

    https://www.city.kishiwada.osaka.jp/site/kishiwadai/20220613komyosyosuiryokuhatsuden.html

    岸和田市光明配水場マイクロ水力発電所の開所式にて

     
  • 群馬テレビで紹介(藤岡市南山配水池マイクロ水力発電所)2022-06-22

    南山配水池マイクロ水力発電事業の協定締結式が群馬テレビで紹介

    2022年6月20日に行われました藤岡市さまと当社の南山配水池マイクロ発電事業に係わる協定締結式の模様が群馬テレビで紹介されました。

    https://nordot.app/911551777179484160

    協定締結式は、リモートで行われました。

    藤岡市南山配水池マイクロ水力発電事業の協定締結式

       
  • 協定締結式(藤岡市南山配水池マイクロ水力発電所)2022-06-21

    藤岡市さまと南山配水池におけるマイクロ水力発電事業の協定を締結

    2022年6月20日に藤岡市役所にて藤岡市南山配水池におけるマイクロ水力発電事業の協定締結式が行われました。

    協定締結式には、藤岡市長・新井雅博さまならびに関係各位にご参加いただきました。

    本マイクロ水力発電事業は、上水道施設の有効活用と再生可能エネルギーを有効利用するため、官民連携による実施されます。 当社が南山配水池マイクロ水力発電所のイニシャル費およびランニング費を負担し、藤岡市さまには南山配水池における水の余剰エネルギーと設置場所をお貸しいただきます。 当社が電力会社への売電を行います。売電収益の一部は、売電還元料として、藤岡市さまにお支払いいたします。また、行政財産使用料および固定資産税も藤岡市さまにお受け取りいただきます。

     藤岡市さまは、2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を令和2年2月に宣言されており、今回の事業はその一環となります。

    新井市長様からは、「売電収入の一部や施設使用料等、新たな収入の確保に加え、行政機関として環境負荷や温室効果ガス排出量の削減に大きく寄与できる事業として期待している」とのお言葉を頂戴しました。

    協定締結式の様子です。今回は、コロナ感染防止のためリモートで実施しました。